のこのこ情報

~この話、もしかしたら誰かの役にたつ?~

よちよち果樹農家🍄2024.5.16

風速10mはさすがに作業効率落ちたよね?な日

 

強風が吹き荒れた日でした。

昼前くらいからどんどん風が強くなってきて、すぐ弱まるかと思いきや、夕方までずっと強風。

風速10mだって。

f:id:hijikinoco:20240516222837j:image

 

春一番くらいの強さ。

ビュオーンビュオーンって吹き荒れていたから、かけてたラジオは全然聞こえず、会話もままならず、でした。

 

そんな風の中、ヒヨッコ農家はサクランボの摘芯(いらない枝を切る)作業。

もうね、切ろうとした瞬間に強風で葉っぱがバタバタなるから、切るにきれなくて。f:id:hijikinoco:20240516222933j:image

 

短く切りすぎたり、違うトコロ切ったり、サクランボ切り落としたり。

作業効率悪いでしょー!!

って思うけど、やらないわけにいかないので、まぁ仕方ない。

 

でも、今年はサクランボ実ってますよ~!

6月中旬から恒例のサクランボ狩りやる予定です。

 

で、ひとつ事件がありまして。

植えてからまだ3-4年?くらいの小さな木が元気がなくて。

f:id:hijikinoco:20240516223012j:image

 

実はあるのに、葉っぱがない。

交配樹(種馬的な)として植えた紅さやかという種類。

『孫』でおなじみの大泉逸郎さんが紹介してたから植えたらしい。

 

両親は

「この品種はこの土地に合わないんだなー」

「剪定の仕方が悪いんじゃ?」

「苗木が弱かったんじゃないか?」

「弱い種類なんだよ」

などと適当なことを言って、切るかーとか言ってました。

 

そんな中、たまたまサクランボ狩りの話でに技術員さんが来たので、ダメ元で相談する父。

技術員さんは、さやかちゃんを見ながら

「実に異常なし、葉っぱもついてるのは異常なし、あとは・・・」

と足元をみる。

「・・・ねずみが根をかじってると思います」

 

ネズミー!!!

その発想はなかった。

 

技術員さん曰く、根元に敷いてあげていたお布団(藁・ワラ)のおかげで栄養が豊富になって、畑にはありがたいミミズがたくさん育ったせいで、モグラがミミズを食べに来て、そのモグラの穴をネズミが走り回って根っこを食べていると。

 

根元掘ってみて~と言われて父が掘ると、スッカスカでした。

根はしっかり食い荒らされて(写真撮り忘れた)。

 

たしかに、足がズブズブ埋まるなーとは感じていたけれど。

まさかネズミが走り回ってるとは・・・。


f:id:hijikinoco:20240516223209j:image

 

根元をギューギュー踏み固めてあげれば、また根は張ると言われたので、とりあえず切られる危機を脱したさやかちゃん。

適当な判断で切られなくて本当によかった😿

 

そしてよくよく畑を見るとモグラの形跡が多数。

弱っている幼木も多数。

そうかーモグラ&ネズミのコンビが好き放題やってくれてたのか

 

とんでもねー!と言いながら、園内の幼木の根本を掘り返しては、ギュウギュウ踏み固めていった父でした。

f:id:hijikinoco:20240516223702j:image

 

これで元気になってくれるといいなー。

 

パワーストーンと欲望の物語 ~母の日2024~

 
今年は『へ』じゃなくて

 

母の日でした。

今年もりんごさん🍎からプレゼントいただきました。

そして、去年は臭そうなものをもらったことを思い出しました。

 

hijikinoco.hatenablog.com

 

 

今年はすみっコぐらしの『ぺんぎん?』と『ぺんぎん(本物)』のおりがみと、パワーストーンのキーホルダー(ストラップ)。

f:id:hijikinoco:20240513225814j:image

 

お店の方曰く、パワーストーンは贈る相手を想うと選ぶべき石がわかると。

そんなわけで、りんごさん🍎が母を思い浮かべながら選んだのがコチラ。

f:id:hijikinoco:20240513225837j:image

 

青が浮かんだらしい。

さっそくパワーストーンの意味を調べてみました。

 

下の大きいものから『シーブルーカルセドニー』『アクアオーラ』『ブルータイガーアイ』。

 

◎ シーブルーカルセドニー → 人間関係の改善

🍄「うんうん。確かに、部屋が汚すぎるってちょっとケンカしたよね」

 

◎ アクアオーラ → 願望実現のサポート

🍄「そろそろ台湾旅行いきたいなーって言ってるもんね」

 

◎ ブルータイガーアイ → 財を成す

🍄「財を成す」

 

・・・なるほど。

りんごさん🍎よく「お金持ちになってガチャガチャやりまくりたい」って言ってるもんね。そのガチャガチャ代をわたしに稼げと。

はーい、了解でーす。

 

今年は、りんごさん🍎の欲望ダダ洩れなプレゼントでした。

いや、台湾旅行だってお金ないと行けないもんね!

円安だし。

きのこ母、がんばって稼がねばーと気合をいれないといけない母の日でした。

 

Eテレ0655で見た造波装置目当てで『令和6年度4研究所⼀般公開』へ

造波装置みてきたよ。

 

りんごさん🍎がEテレで見た造波装置が見たいって言うから、年に1回の一般公開に行ってきました。

f:id:hijikinoco:20240508205410j:image


「令和6年度4研究所⼀般公開」は以下の4施設の一般公開。

海上技術安全研究所

◎電⼦航法研究所

◎交通安全環境研究所

宇宙航空研究開発機構


2月くらいに申し込みフォームから申し込んで、当選通知がきたら入れるシステム。
f:id:hijikinoco:20240508171644j:image

 

今年は2回目。

去年の1月頃?にEテレの0655でたまたま見かけた造波装置。

りんごさん🍎がいたく感動して、みたいと言うので調べたら、ちょうど去年、数年ぶりに一般公開するよ!とのこと。

さっそく申し込んで行ってきました。

 

ボケ~っと口半開きで造波装置をみていたわたしは、すっかり写真も動画も撮らず・・・。

今年はリベンジマッチでした。

 

引っ越してから地上波が見られる環境がないので最近のEテレ事情はわからないのですが、どうやら今年も放送していた模様。

隣で見てた人が「0655だー!すげー!みんなも0655見てきたのかなー」と終始騒いでいたので・・・。

 

今年は残念ながら撮影できる造波装置の開放はなく、撮影禁止のすごいヤツのみ。

ええ、仕方ないので口半開きで見学してきました。

 

これねーすごいんですよ。

 

《頭良すぎてわけわかんない人たちの説明》

①波は大きいのや小さいやイロイロある

②波は動く速さがちがう

③造波装置は波を出したり消したりできる

④その辺をうまくプログラムしていくと、◯分後に作りたい形の波を出せる

 

わけわかんないけど、そんな理論のもと、外側からいろんな波を出したり消したりして真ん中に😀こんな顔とか、文字とかだしてくるんです。

Eテレだと、『0655』って出してもらってた。

 

あとは強風体験したり

f:id:hijikinoco:20240508210814j:image


チタンプレートでキーホルダー作ったり

※液体の中で電圧をかけると色が変わるやつ

f:id:hijikinoco:20240508211439j:image

JAXAの方に行ってみたり

f:id:hijikinoco:20240508212026j:image

 

スタンプ集めてハンドタオルもらったりf:id:hijikinoco:20240508212111j:image

f:id:hijikinoco:20240508212213j:image

 

ほかにもじっくり見たり聞いたり体験したりすると楽しそうなのイロイロあるんだけれど、何しろこの後のミッション圧がすごすぎて・・・早々に退散しました。

 

そうです。

先日書いた『東京ばな奈』ミッション。f:id:hijikinoco:20240508212422j:image

 

無事にミッションはコンプリートできたけれど、さすがに帰りの運転はつかれました。

りんごさん🍎は大満足な休日。

たのしく遊びました。

 

つ、ツバメのやろう・・・ここはお宿じゃねぇ

ツバメが連日玄関を汚していく件。

 

最近、ツバメが1日に何回も玄関を汚しに来るわが家です。

 

朝、外がピチュピチュ騒がしいのでのぞくとコレ。

f:id:hijikinoco:20240507233240j:image


なんていうか、泥のついた草。

とりあえず、ホウキではく。

 

数時間後、家を出ようと玄関を開ける。

コレ。

f:id:hijikinoco:20240507233253j:image

 

犯人はもちろん、コイツラ。

燕。


f:id:hijikinoco:20240507233444j:image


おいおい、ツバメさん。

ここはツバメのお宿じゃないっすよー!

なーんて言ってたら犯行現場押さえました。f:id:hijikinoco:20240507233433j:image

 

しっかり草くわえとるー!!!

そしてコレが落ちついた後は、フン攻撃が始まるのか・・・。

 

♪僕らは、色とりどりの命と

 この場所で共に生きている

 それぞれ人も草木も花も鳥も

 肩寄せ合いながら

 

『ツバメ』の歌を地で生きている生活です。

糞が落ちてくる生活を乗りこえたら・・・きっと笑い合える日が来るよね。

 

☆伊那小NEWS🍎☆2024.4.30

学校に行きたくない理由。

 

🍎「今日は学校行きたくない」

今朝は起きてくると同時に行きたくない病に。

 

なんでだろう?

この連休はお友だちと楽しく遊んだりしていたから、行きたくない理由はないはず。

 

🍄「どうして?」

🍎「・・・・・宿題・・・提出できない・・」

 

本当のコトを言うべきか少し迷いつつも、ウソをつかないと決めた様子。

 

🍎「きのう寝る前にも少しやったけど、ぜんぜん終わらない・・・行きたくない・・・」

 

🍄「3連休、遊びまくったもんね。でもね、りんごさん大丈夫。あれはゴールデンウィークの宿題だから、提出までまだあと7日あるよ」

🍎「え・・・そうなの?」

🍄「どうする?学校休む?行く?」

🍎「いくー!!ウコッケイが待ってるし、今日はお友だちの誕生日だし、火曜日は給食が最高の日だし!うどんだし!」

 

元気に学校行きました。

素直すぎてカワイイなぁ。


f:id:hijikinoco:20240430232319j:image

※学童からの帰り道、通りがかりのオジサマが写真撮ってたので、マネして撮ってみた。山の名前がわかると良いのになー。甲斐駒ヶ岳?東駒ヶ岳仙丈ヶ岳赤石山脈?何もかもわからない・・・。

 

 

宿題といえば、なかなか量が多いのでは?と思われる伊那小。

GWはこくごとさんすうガッツリ6枚ずつありました。

この宿題、他校から転校してきた方によると、工夫されてて良いらしい。

 

漢字の宿題は、ただ漢字を繰り返し書かせるわけではなく、その漢字を使って文章を書きましょうというもの。

 

りんごさん🍎毎日毎日、文章を考えています。

『ウコッケイのことを知る』

『南かぜがふく』

『雪だるまをつくる』

『肉じるをのむ』

 

いや、肉じるキモチワルッ!

急にどうした?

先生の評価は花マル💮でした。

 

 

シャクトリムシってカワイイけど、成長した姿は・・・知りたくなかった

世の中の知らない方が幸せなコト

 

f:id:hijikinoco:20240429220031j:image

 

シャクトリムシくんの冒険!

カワイイ動きだけど、大人の姿を知ると気持ち悪い・・・

 

りんごさん🍎

シャクトリムシ欲しい、欲しい!探しにいきたい!」

って騒いでたけど、正体を知った瞬間から

「いらない、キモチワルイ」

 

まぁ、人間だってどんなにカワイイ男の子も年とったらおじさんだもんね。

知らない方が幸せだったことは多いよね。

 


www.youtube.com

 

 

☆伊那小NEWS🍎☆2024.4.28

子どもの成長に、親は時折傷つく。

 

伊那市の図書館に行きました。

なんの本借りるか〜?なんて話してると

「やっほー!」

と話しかけられました。

 

見ると、伊那小の4年生の女の子。

「久しぶり〜!最近、会わないもんねー」

と言いながら、あれ?なんで会わないんだっけ?と考える。

 

あ、そうか・・・。

 

4年生の女の子は、りんごさん🍎の付き添い登校でよく会うコ。

なんとなーくお話しながら一緒に行ったりしていて、会うと手を振りあったりするものだから、少し前にその子のお母さんに『ダレ?!』と驚かれ、友だち連れてきたよ〜的にお母さんに紹介されるという謎イベントをこなした子。

 

その子となぜ会わないのか。

そう、1年間続いていたりんごさん🍎の付き添い登校、2年生になった瞬間、終わったのです😢

 

ただ、完全に終わったわけではなく、家を出て少し行ったトコロまでで帰らされるのです。

そう、小学生にたくさん会う道の手前まで・・・。

 

🍎「もうココでいいから!行ってきます!」

とギュウギュウ家の方向に押しやってから小走りに行ってしまうりんごさん🍎

 

成長が嬉しいような、寂しいような。

ふと足元を見ると、枯葉パイセンがなぐさめてくれました。

f:id:hijikinoco:20240428232305j:image

 

そうだね、喜ばしいことだよね!

そんなわけで翌日は、別れた瞬間からゴリラの真似をして見送りました。

 

ふと振り返りゴリラに気づくりんごさん🍎

🍎「やぁ~!」

と言いながら走り戻ってくると、バチンとゴリラを叩いて家に帰れと押しやってくる。

 

ウッホー、健全に成長しておる。

そんなわけで、4年生の女の子にも全く会えなくなってしまったのです。

 

繋いだ手を振り払われたり、ゴリラを恥ずかしいものを見る目で見たり、少し傷ついた母なのでした。